スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

ヴァルデマール年代記 刊行リストに追加

久々にチェックしたところ、海の向こうではヴァルデマール年代記の新刊が出ていたんですね。
「The Herald Spy」というシリーズで、1年に1冊、すでに3冊も…
ヴァルデマール年代記刊行リスト」記事に追加しました。

The Herald Spyって何て訳すんだろう。スパイ使者じゃ変だし…
何か言い回しがすでにあったような、なかったような…

そういえば長いこと待望していたヴァルデマールの嵐(上下)、旦那が買ってきてくれて置いてあるんですが、なんとまだ読めてません。
読み始めると、止まらないので、あまり時間の無い今はなかなか踏み出せないでいます。



スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-)

クレープ屋で働く私のどうでもいい話/ただまひろ

クレープ屋に来るお客さんたちを、店員さん目線から描いた1コママンガです。
お客さん十人十色で個性的、ほのぼのするネタもあり、うわぁこんな客やだ…って引き気味になるネタもあり。
でも、コマの右下にひとこと付いてる、店員さんの冷静なコメントが良いんですよ。
思わずクスリと笑っちゃう。


クレープ屋で働く私のどうでもいい話
ただまひろ

作者さんは実際にクレープ屋で働いているイラストレーターさんだそうで、エピソードも「2015年5月後半お客様まとめ」なんて感じ。
お客様も人間。店員も人間。だから大変なんですが、
(中略)
イライラするより楽しい方がいいですからね。(あとがきより)
私も小売店員の端くれやってますが、これくらい心を広く持ちたい!

これも「夜廻り猫」と同じく、Twitterで発表されています。
私はComicWalkerでほぼ読んだんだけど、描き下ろしが読みたくて買っちゃった。
そうそう、Webではカラーなんですが、単行本は最初と最後が1割ぐらいずつカラーで、中の8割くらいはモノクロでした。
カラーのほうがいい感じなので、ちょっと残念だったけど、フルカラーじゃお高くなっちゃいますもんね…。
Comments (0) Trackbacks (-)

夜廻り猫/深谷かほる

知り合いの方が日記に書いていたのを見て知りました。
表紙のへいさんは一見怖い感じもしますけど、悩みや辛さににそっと寄り添ってくれる、小さな喜びを分かち合ってくれる、そんな猫です。
「にっこり」が口癖です。
中は8コママンガです。
読み返す度に、優しくなりたいなって思う本です。
これね、ドライアイに効く気がします。
(鼻から水も出るんで大変だけど。)


夜廻り猫(1) 今宵もどこかで涙の匂い/深谷かほる

元々は、深谷先生が一本ずつTwitterに上げてらっしゃるものです。
それが出版前、ComicWalkerにまとめて載っていたので、私は収録作のほとんどをそこで読んだのですが、これは本で持っておきたいと思って、買っちゃいました。

平蔵、といえば思い出されるのは長谷川平蔵(鬼平犯科帳)。
遠藤平蔵さんも、男気と人情味の深いところが似てるかもね。
Comments (0) Trackbacks (-)

WordGear「月の揺りかご」

WordGearで川原礫先生連載中のSAO外伝「月の揺りかご」が、この10月から7年ぶりに連載再開されていたようで、ヤッホイです。
アンテナ閉じてて全然知りませんでした。
SAO18アリシゼーション・ラスティング後のお話なので、これで繋がりますもんね。

今年はWordGear夏休み企画の確認をすっかり失念してしまっていたのですが、先日ふと思い出して、そういえば…!と見に行き、たまたま見つけたのです。
すると夏休みのほうは、どうだったんでしょう。検索してもわからず仕舞いです…

SAOは映画になるそうで楽しみです。うちの家族共通のエンタメなので(笑)
ハリウッドでドラマ化もされるとか。そっちは全然チェックしてないですが、おそらく、あっしらには関わりのない事でござんしょう…
Comments (0) Trackbacks (-)

この2、3年のこと

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
Comments (-)Trackbacks (-)

1年ぶりです

久々でござる。

長らく放置しているこのブログですが…
年とともに記憶力というものがますます怪しくなり、やっぱり外部記憶装置にメモっとかないと、本を読んだことやアニメを視聴したことさえ忘れそうだな~という気持ちが半分、しかしちょっと読み返してみたところ、なんとも薄っぺらい感想しかない感じの悪い文章で、こんなの残すよりいっそ削除してスッキリしたい気持ちが半分、というところです。

しかしなかなか物を捨てられない性分なので、今まで通り、放置&時々書く、の線になろうかと思います。
感じ悪い文章については、今後精進したいです…。

途中になっているアニメ感想の、アルドノアとアルジェヴォルンは、最後まで書くことができませんでした。(番組は最後まで見ましたが)
いつもだいたい中途半端になってしまいます。たった26話まで続ける根気がないんですね…


Comments (-)Trackbacks (-)

WordGear夏休み企画2015 その後

川原礫先生のサイトで連載されてます、ソードアート・オンライン『冥き夕闇のスケルツォ』
毎回続きを楽しみに日参して、ここ2、3回は手に汗握りながら読んでいましたが、とうとう本日の更新に、《次回完結予定》 との予告が…。

一瞬、えっもう終わっちゃうの…って思いましたが、思い返せば8月から始まって50回以上も続いていたんですね。
楽しくて気づかなかった。

そして、完結後24時間以内に『冥き夕闇のスケルツォ』連載ページにはアクセスできなくなるそうです。
最終回の52(※)がいつアップされるかはわかりませんので、お見逃しなく。(>自分だ)

とはいえ、もし見逃したとしても、きっと程なく文庫化されますね。
(うちの筆頭川原ファンである旦那は、本で読みたいからとweb連載の方は読んでない)
…もしかして、10日頃に出たアクセル・ワールドの19巻に、刊行のお知らせ載ってたのかな?
中坊の息子に先に渡しちゃったので、巻末まだ見てないや。

(検索した)
ありました、SAOプログレッシブ4、12月10日発売。
今までのプログレッシブの中で、今回のスケルツォが一番好きな感じなので、刊行楽しみです。

SAOプログレッシブは、アスナさんのツンデレ比率のデレ度がだんだん進行していく意味のプログレッシブだと思っているのですが(←違います)、今回読んでて楽しかったのは、これくらいのツンデレ比が私の好みなのかも知れません…。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

(※)10/22追記

えーっと、52で終わりませんでしたね!うん、そんな気がしてました。
こんなこと前にもあった。
サドンデス小説(笑)
アクセスできるのは完結後24時間までというのは変わりないようです。
Comments (0) Trackbacks (-)

WordGear夏休み企画2015

今年も始まってました!川原礫先生のWordGear夏休み企画。
(そんな時期なこと忘れてました。気づかせてくれた方に感謝)

一応書いておきます。

「冥き夕闇のスケルツォ」

WordGear 左メニューの「旧サイト」から入れます。
(リンクは貼りませんので行かれる方は検索で)

8/17から開始なさったようです。
例によって期間限定と思われます。

去年は終わりの方を見逃してしまったので、今年こそ油断しないで最後まで読みに行く…!


それにしてもご本人が告知なさらないので、もしかして外野が書いちゃいかんのか…?と(こんなブログにしても一応)心配になってググったら、記事にしてらっしゃるサイトさんがあったので便乗です。小心者(>_<)
Comments (0) Trackbacks (-)

白き鷲獅子〈上・下〉/ ラッキー&ディクスン

今まで名前しか出てこなかった(よね?)謎の国、ハイリィが舞台。
ハイリィの宮廷で起こった殺人事件でスカンドゥラノンたち外交使節団に容疑がかかり…

白き鷲獅子〈上〉 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争2) ラッキー&ディクスン(創元推理文庫)

白き鷲獅子〈下〉 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争2)ラッキー&ディクスン (創元推理文庫)
2015/3/12

以下内容バレ
Comments (0) Trackbacks (-)

アルドノア・ゼロ #16

#16「熱砂の進撃 —Soldiers’ Pay—」

頭角を現すスレインに対抗すべく、地球侵攻を進めようとする火星騎士たち。
貝塚姉弟愛が良かったです。
以下内容バレで。
Comments (0) Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。