TOP ≫ CATEGORY ≫ アーロン・エルキンズ
CATEGORY ≫ アーロン・エルキンズ
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

葡萄園の骨/アーロン・エルキンズ

葡萄園の骨〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕葡萄園の骨〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕
(2014/01/24)
アーロン・エルキンズ

商品詳細を見る


旅行先で何故か殺人事件に巻き込まれちゃうシリーズ、今回はフィレンツェ。
美味しそうなイタリア料理とワイン、陽気でイケメン(多分)の地元警察官、美しい風景、でもって相変わらずラブラブ夫婦で、読んでいて和みます。殺人事件とはいえ、生々しくないし。

最近、グーグルマップとストリートビューで小説の舞台に「行ってみる」のを覚えたので、これがサンタ・マリア・ノヴェッラ教会か~とPCで見ながら読みました。
幾何学模様が美しい聖堂で、内部もちょっと見れるし、ストリートビューだと天井のアーチまで見上げることができていいですね。
墓場通りは、駅側から端っこだけチラと見えました。
根性がなくて憲兵隊本部は見つけられませんでした。あと外国だと、地名をカタカナで入れても上手く検索できないことがありますね。
あ、作中のGPS座標も入力してみました。グーグルマップの検索窓に数字を「,」区切りで入力したら出ます。作中で地形がよくわからなかったんで見たかったんですが、山の中なので、マップを最大拡大してもやはりわかりませんでした…。
スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-)

騙す骨/アーロン・エルキンズ

騙す骨 (ハヤカワ・ミステリ文庫 エ 3-11)騙す骨 (ハヤカワ・ミステリ文庫 エ 3-11)
(2010/11/26)
アーロン・エルキンズ

商品詳細を見る


外国へ休暇旅行して何気なく骨を鑑定して過去の犯罪を掘り起こして美味しい物食べて殺されそうになって滞在先の人々の生活をひっくり返す…
おお、いつものパターン(笑)
まあお約束だけに安心して読めるともいう。

今回の事件はあまり生々しくないせいか、教授同様、読んでいるこちらも気持ちが軽くて、楽しく読めました。
これくらいのリゾート感が好きだな。
Comments (0) Trackbacks (-)

骨の城


骨の城 (ハヤカワ・ミステリ文庫)骨の城 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2008/03)
アーロン エルキンズ

商品詳細を見る



スケルトン探偵の新作。
今回は、イギリス。いつもながら観光旅行気分が味わえる。
出てくる料理を、ギデオンたちが美味しそうに食べるので気持ちいい。(イギリスだけどおいしそう)

原題は "UNNATURAL SELECTION"(不自然な選択?)
進化論の自然選択説に掛けてあるのか。

そしてオリヴァー夫妻は相変わらずのラブラブっぷり。
たまにはケンカでもしてみろ(笑)
Comments (0) Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。