TOP ≫ CATEGORY ≫ 映画
CATEGORY ≫ 映画
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

ゼロ・グラビティ

レンタルDVDで。

無重力の表現がすごくて、本当は宇宙で撮影できるようになったんじゃないの?って思うくらいでした。
手前に飛んでくるデブリや船内の小物なんか、3Dで見たらすごかったんだろうな。

旦那が、宇宙版ダイ・ハードと言いましたが、同感。
次から次へとピンチ。
宇宙といえば酸素残量との戦い。こっちが息苦しいので苦手な人注意ですよ。
しかし後で思い出すと、印象が強かったのは、宇宙の静謐さや、厳しい美しさ。
それから、とんでもなく丈夫なあの宇宙服!(笑)

死と向き合うこと、死と再生がひとつのテーマなんですが、特定の宗教を持ち出すのではなく、端的で普遍的な描き方なのが良かったです。


ゼロ・グラビティ 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]ゼロ・グラビティ 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
(2014/04/23)
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 他

商品詳細を見る


原題が「GRAVITY」なのは、宇宙=無重力=死の世界、地上=重力=生、の対比で、「生きろ」というメッセージだと思うんですが、邦題が「ゼロ・グラビティ」と真逆なのは、日本でのセールスポイントがCG描写だけって言われてるようでもあり、正しいような残念なような。

スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-)

かもめ食堂

レンタルDVDで。

事件らしい事件はないんだけど、毎日何が起きるのか、お客さんは来るのか来ないのか、何を注文するのか、そんなことに興味を惹かれながら見入っていました。
いつの間にか自然と口元がほころんでいて、今日はちょっと掃除がんばってみようかとか、新しいメニューに挑戦してみようかとか、そんな風に心が少しだけ前向きになりました。
自分背丈に近い映画だなぁ、と。

人生の山やら谷やらを超え、ぽっかりと広がった小さな平地で、青空を見上げながら、さて自分の歩き方はどうだったっけと確認してみるような、そんな感じ。

あの食堂の雰囲気が好きで、どこに何が置いてあるとか、気付くと背景ばかり見てましたね。
しばらくの間、環境ビデオよろしく、流しっぱなしにしてるかも…

かもめ食堂 [DVD]かもめ食堂 [DVD]
(2006/09/27)
小林聡美片桐はいり

商品詳細を見る


内容は、料理がメインというわけでないし(確かにおにぎり食べたくなるけど)、ヘルシンキの町も舞台というより風景の一部だし、三人の女性の内面に深く切り込むわけでもない。
うちの相方なんか、見ながら寝ちゃうかもしれない。
でも軽いかというと、そうでもない。
描かれているのは、かつて自分が受け取った幸せな経験を、自分でも作り出すことができるという、ささやかな満足感です。
人生の重い部分、辛い部分、疲れる部分も透かしながら、その満足感の部分を丁寧にそっと切り取って皿に載せた、そんな印象の作品。




Comments (0) Trackbacks (-)

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
(2006/06/09)
吉岡秀隆、堤真一 他

商品詳細を見る


作りこんだ世界を見るのって楽しいね。
ストーリーはほんわかとしていてるけど、根がいい人ばかりじゃないし(嫌なやつってのが極端で笑えた)、どうしようもないことや惨めなことや悲しいこともあるけど、楽しいことや希望もあるわけで。
その差し引き少しプラスっていうのが丁度いい感じ。

期待以上でも以下でもなく…と言いたいとこだけど、続編も見たいなぁ、と思うので、ちょっぴり期待以上だった。

一番好きなのは、
Comments (0) Trackbacks (-)

チャーリーとチョコレート工場

テレビ放映を見た。
ちょっとメルヘン、ちょっとシュール
予想していた通り、楽しかった。

絵になる、というか、どの場面も絵本のようだった。
ティム・バートン監督ならでは、だろうか。

工場内の材料は、残念ながら私には、綺麗だが美味しそうには見えなかった。
鮮やかな色の菓子には抵抗があるからかな。

ややこじんまりとしたハッピーエンド。
相方は、オチが弱いのが不満だったようだ。

工場長ウォンカの声の人、演技にただただ感心。すごいなぁ。
Comments (0) Trackbacks (-)

Book of Days 指輪物語ver

あるブログで紹介されていたYouTubeですが、指輪物語でのフロドの旅にenyaのBook of Daysを乗せている素敵映像です。

http://jp.youtube.com/watch?v=7U0dHhYwhLY

歌詞がまたぴったり!
下記サイトに歌詞と日本語対訳があるので、こちらを読んでからの方がいいかも。
http://www.rd.mmtr.or.jp/~ks1944/newfile1.htm

そのブログ主さんはBook of Daysを「自分の生きた日々(生き方)が綴られる書」、「人生の軌跡」と解釈されていました。
なんとなく日記のことか?と思っていたけれど、その解釈だとぴったりだなぁ。
Comments (0) Trackbacks (-)

不死鳥の騎士団

不死鳥の騎士団、観にいきました。

うわー(T_T)やっと救われたような気がします。
きっと萌えツボが近い監督だ。ありがとう監督。
3年前にこの原作(5巻)を読んだ後、長らく意気消沈していたのですが、無性に次が読みたくなって帰りに6巻買ってきました。

感想はまた今度。ワーナーマイカル、割と良い映画館でした。
Comments (-)Trackbacks (-)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ダニエル・ラドクリフ (2006/12/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


時期的に紛らわしい記事ですみません、不死鳥ではなくゴブレット。
前作のDVDをやっと見ました。
Comments (-)Trackbacks (-)

ローレライ

友達から借りてるDVD、「ローレライ」を消化。
(借りっぱなしごめん)


恐れていたほどにはストーリーに変更がなかったので、
「まぁまぁいいんじゃない」と言ったら相方が、


「小説を読まずにこれだけ観たら?」



すみません。小説からかなり脳内補完してました。

Comments (-)Trackbacks (-)

ハウルの動く城

ハウルの動く城、今回のテレビ放映で初めて見ました♪
実はDVDを人から借りてあるんですが、家族は見たけれど私だけ見てなかった。(寝てた…)

さて、面白かったです。正直、ちょっと意外。

Comments (-)Trackbacks (-)

ヴァン・ヘルシング

そういえば、DVDレンタル出てから見ようって言っていた映画、全然見てないね…という話になり、借りてきました『ヴァン・ヘルシング』。
ヘルシングっていうとそんな名前のコミックを思い出し、ヘルシングってバンパイアハンターの名前としては基本なのねと初めて知りました(恥!)。

今日の豆知識。
エイブラハム・ヴァン・ヘルシング教授
ブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」でドラキュラを退治した人物。


さて、以下は見終わっての感想です。

Comments (0) Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。