TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年01月
ARCHIVE ≫ 2007年01月
      

≪ 前月 |  2007年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

轟轟戦隊ボウケンジャー#47

『絶望の函』

スポンサーサイト
Comments (-)Trackbacks (-)

仮面ライダー電王#1

どうして、いつも平成ライダーは、最初は面白そうに思えるんだろう。

Comments (-)Trackbacks (-)

コードギアス・反逆のルルーシュ#15

『喝采のマオ』

そんなんでいーの?いいんですかと脱力した部分と、

頭脳明晰主人公のこれぞ真骨頂!という部分が、極端だった話。

Comments (-)Trackbacks (-)

ゴーストハント/FILE6禁じられた遊び#3

今回ほとんどが麻衣の夢の話だったのに、

Comments (-)Trackbacks (-)

ProjectBLUE#3

『要塞島出現!(長いので中略)前編』

Comments (-)Trackbacks (-)

轟轟戦隊ボウケンジャー#46

『目覚めた闇』

Comments (-)Trackbacks (-)

仮面ライダーカブト#最終回

ええと…私はアンチなのですが、

(じゃぁ観るなよって言われそうですが、相方がボウケンジャーと一緒に流すので時々観てしまうのです。)

カブトって、ギャグの部分は面白かったと。
Comments (-)Trackbacks (-)

イノセント・ヴィーナス#5

『連弾』

ジンの目的と今までの経緯がやっと明らかに。

BGMがピアノなのいいな。

Comments (-)Trackbacks (-)

ARIA The NATURAL#21

『その 銀河鉄道の夜に…』
Comments (-)Trackbacks (-)

猫は爆弾を落とす/リリアン・J・ブラウン

猫は爆弾を落とす猫は爆弾を落とす
(2006/12)
リリアン・J. ブラウン

商品詳細を見る


最近は、人物の描き方が雑になっているような気がする。
出来事も事件もサラッと流されてずいぶん散文的。

以下少しネタばれ。
Comments (-)Trackbacks (-)

ゴーストハント/FILE6禁じられた遊び#2

『夜の学校って、いかにも出てきそうで怖い』
というような事言ってましたけど…
Comments (-)Trackbacks (-)

イノセント・ヴィーナス#4

絵は綺麗で好きなんだけど、「サナの正体って何?」の1点だけで引っ張り続けられてもちょっと退屈。
伏線を上手に張って欲しい。

これも去年のアニメの消化。
Comments (-)Trackbacks (-)

ARIA The NATURAL#20

『その 影のない招くものは…』

Comments (-)Trackbacks (-)

ゼーガペイン#20

20話までビデオ消化…

気が遠くなるような、絶望感に苛まれるような。
切ないような、優しいような。
ゼーガは詰め込みすぎないで丁寧に作ってある話で心に残る。
Comments (-)Trackbacks (-)

ProjectBLUE#2

お子様たちの活躍が無かった。ちぇ。
Comments (-)Trackbacks (-)

コードギアス・反逆のルルーシュ#13#14

『ギアス対ギアス』


ぐは。切ない。(涙)

Comments (-)Trackbacks (-)

武装錬金#14

あー、カズキのカクガネって
Comments (-)Trackbacks (-)

武装錬金#13#15#16

年末年始に全然観なかったので武装錬金久しぶり。
#15→#16→#13と観て、#14がまだですははは。

パピヨンの今の活躍は全く予想外でした。
いいキャラだなぁ…
余程製作側に愛されているんでしょうな。

Comments (-)Trackbacks (-)

ProjectBLUE#1

どこのハリポタ親世代ですかこれ!(違いますから)

もしつまんなくても観ますからこれ!!

(ちょっと壊れてますごめんなさい)

 

ええとレトロSF冒険活劇。ちょっと『Big-O!』みたいな雰囲気ですね。
ストーリーは面白そうです。(ついでみたいですみません)

 

(以下ポタなひとの戯言)

Comments (-)Trackbacks (-)

ゴーストハント/FILE6禁じられた遊び#1

小野不由美氏といえば、友人から昔、代表作『十二国記』を勧められた。重そうでなかなか手が出ず、手始めに短いものをと『過ぎる十七の春』を読んだ。続いて『魔性の子』。


今、内容はどちらもあまり思い出せない。
堅めの文体で、すごく上手いと思った。ひたひたとした怖さが印象的だった。
でも再読しなかったので覚えていないのだ。


その後妖怪モノというのに惹かれ『東亰異聞』を読んだ。面白かったが、これも再読していない。


いつもは気に入ったら何度も読み直すのだが、どれも読後は気持ちが沈んで、読み直す気が起きなかった。リアルに描かれた舞台に引き込まれ馴染んできた頃、最後にひっくり返されたり壊されたりするのが辛いのかもしれない。
結局、『十二国記』は読んでいない。


それはどうでもいいんだが小野不由美氏原作ということで『ゴーストハント』を観ている。
原作は小説も漫画も読んでいない。アニメにしたら怖さは半減だろうとあまり期待せずに見始めたが、結構面白い。話によっては、夜中に一人では観たくないと思うくらい怖い。


一体いつになったら巫女さんが活躍するんだろうと相方と話していたが、wikipediaによれば『呪いの家』という話だそうだ。

Comments (-)Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。