TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年03月
ARCHIVE ≫ 2009年03月
      

≪ 前月 |  2009年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

鉄のラインバレル#最終回

#最終回

「最低です」の使い方が最高でした。

お話の方は…気合とラインバレル性能頼みで戦術とか伏線とか仕掛けとかフォワードとバックアップの素晴らしい連携による奇跡とかがほとんどなくて、ほんっとストレートに力を合わせて大団円。
でも終わりらしく終わったから良いですね。
スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-)

シンケンジャー#7

ちょこちょこ感想書いてきたけど、真面目に見てるのでタグ付き記事にしてみます。
電王感想みたいに途中で立ち消える気もします。

#7は青の回。

やっぱ野良化してるんだディスクアニマル!…じゃなかった、折神。
カジキなのに船じゃなく磯釣りなのはさすがに予算の関係でしょうか…。

ギャグ続きだった青だけど今回シリアスに決まってました。
自分が侍として戦うのは自分の意思なのか、単に親からの刷り込みではないのか、自分に問い直す青。まさにその点が疑問だっただけに、ジャストミートな内容ですな。
Comments (0) Trackbacks (-)

ガンダム00#最終回

2期はソレスタルビーイングの行動が常に後手後手で付け焼刃、パワーアップアイテム頼みなのが残念でありました。ヴェーダを取られちゃったし戦力的に劣勢で苦境、だけどしぶとく頑張るぜ!の方向はいいんだけど、スメラギさんとティエリアがいるんだからもちょっと頭脳戦というか知恵と工夫で乗り切る場面が欲しかったな。


以下ネタバレ感想。
Comments (0) Trackbacks (-)

侍戦隊シンケンジャー#6

黄色話はほろっときたよ(/_;)頑張り屋はええのう。
Comments (0) Trackbacks (-)

続夏目友人帳#11

#11「呪術師の会」

やっぱ夏目の本気グーは最強でした。

名取さんはもう怪しく見えて仕方ない。
そんなに素直に信じちゃダメよ!(ハラハラ)

呪術師って何人なのかわからないけど、そんなに狩られちゃ妖なんてすぐ絶滅してしまいそう。
Comments (0) Trackbacks (-)

アクセル・ワールド

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
(2009/02)
川原 礫

商品詳細を見る


Web小説「ソードアートオンライン」作者さんの商業デビュー作。おめでとうございます。
期待を裏切らない面白さだった。
この方の上手なところで、電脳世界も現実世界も、親しみを感じるリアリティがある。
さすが構成がきれい。まとまった長編だからか、編集の目が入っているためだろうか。

1冊でも話はまとまっていているものの、物語としては導入部。
これからどんな予想を覆す展開が待っているのかと、予想を良い方に裏切られ続けたWeb読者としては楽しみ。

来月にはソードアートオンラインの1巻もでるということでそっちも楽しみですよ。
Comments (0) Trackbacks (-)

侍戦隊シンケンジャー#5

今日のサンリオは「嬉しい涙と悲しい涙」
ご卒園ご卒業おめでとうさようなら、ということで全くの季節ネタでしたよ。薀蓄がないとつまらなーい。

シンケンジャーいいですね。安心して見ていられる。
殿かっこいいよ!でもって爺にだけ素を見せるのが可愛いよ!

秘伝ディスクは何枚か行方不明になってる⇒ちょっとずつ発見される⇒都度パワーアップ、みたいですね。

Comments (0) Trackbacks (-)

RD潜脳調査室

じみじみとRDのビデオ見直してるんですが、感想書こうとすると長くなりすぎて終わらず、諦めます。
#20#21#22は久島ターンとソウ×ホロターンがこれでもかと続くので嬉しい反面、終わりが辛いですよ…。

#20「その足で」

戦慄の霞たん回
(怖いよーw)
(「大好きなんです」言い切るニャモを見る目は姑のそれよw)

#21「永遠」

アクセサリは死亡フラグですからソウタくん…

#22「静かなる海」

波留爺やっと久島愛に気付くの巻
回想で久島が(人工島が)おまえと同じくらい大切だとかサラッと言ってるんですね。しかし波留があまりに華麗にスルーしてるんでつられてスルーしてたよ…。




以下超ネタバレ
Comments (0) Trackbacks (-)

続夏目友人帳#10

#10「仮家」

藤原夫妻はレイコさんの遠い親戚かと思ってたら全然関係ないのね。
どういう縁で引き取ってくれたんだろう。


夏目が妖に食われかかるとこなんですが。
うわあ…
なんか…
ワニに食われるインパラの子供みたいで妙にリアル…
Comments (0) Trackbacks (-)

鉄のラインバレル#22

#22「鬼を喰らうモノ」

あらーあっさり和解。そりゃないぜ。




Comments (0) Trackbacks (-)

あ、買ったほうが安いね晩のおかずッ

書くのを忘れていたが今週のサンリオ劇場は、スーパーにおけるオバサン行動の糾弾だった。
(四字熟語ではなかったのね。敢えて言うなら「オバサン」の四文字か)
ってもタイムセール品を確保してから店員にシールを貼らせるとか、レジ並びでカゴを床に置いて足で動かすとか、確かに美しくはないがそんなに大したことない(笑)
(と思うけど。体調めちゃめちゃ悪かったので良く覚えてないw)

しかしスーパーで買い物してると、迷惑なのはオジサンの方に多い気がするよ。
オレは買う物ひとつだけだからってレジ列に割り込んできたり、意見箱に自分勝手な文句連ねてたり、狭い場所でも避けなかったりよ。
無理を通す=男の甲斐性だと思ってるのかも知れん。
オレ一番オレ偉い。
Comments (0) Trackbacks (-)

続夏目友人帳#9

#9「桜並木の彼」

ニャンコ先生、フリマで売られていても違和感無い(笑)さすが元骨董品。
夏目は妖怪に尽くしすぎよ!その純粋さが魅力だが、いのちをだいじに。

Comments (0) Trackbacks (-)

今日は

つ か れ た ー。@しごと

テンキー入力仕事なんだけど目標時間内に終わらん…!
まだ始まったばかりのシステムなのでイレギュラーが多発してるのが主な原因なんだけど、私のテンキー入力そのものも未熟です。
ときどき気合入れて「トランザム!」(←脊髄反射的高速正確入力)とかやってみるが、持続時間1分(短!)
昔のレジ打ち(バーコード以前)の人を尊敬する。

テンキーだけならまだしも、テンキーとマウスと交互に使うので集中が途切れるんだよなぁ。
左手でマウス使ってみようかな…
Comments (0) Trackbacks (-)

淡い闇が降りた町

車のクラクションが「ニャー」ならいいなぁと思った今日。
いっぱい鳴らしたい。

CSIもシーズン5になると通算3年目だもんね。色々あるよね。
誰かが昇格したり誰かも昇格したり。勤務体制が激変したり。
最初は、えー!と思ったけど、結局やってることは変わんないから実は違和感ないけど。
グリッソムが暇そうになっただけで(笑)

キャラクターは落ち着いてくるかと思えばやっぱりなんとなく危なっかしい。
グリッソムは変なところ(主にエクリー関連)で子供っぽいし、キャサリンはいつも余裕ないし、サラは折れそうだし…
なんかCSIニューヨークを見たくなってきた。あっちは(ダニーでさえw)安心していられる気がする。

最新作では主に俳優さんの都合で色々あって大変らしいと昨日映画サイトで知りました。(あのひとが出番を減らすとかあのひとが逮捕されたとかあのひとが契約書送付ミスで契約切れちゃったとか!うわぁ…)

最近ディアゴスティーニか何かでDVD付きででてるけど、DVDいらねーからブックレットだけ見たい。検査機器はもう顕微鏡と遠心分離機くらいしかわからないし、未だにシフトが2交代が3交代か理解していないし。解説が欲しい。あれって昼番、夜番に遅番もあるんだっけ?
Comments (0) Trackbacks (-)

侍戦隊シンケンジャー#2

今回はグリーン+レッド回。
リーダーと、それに反発して浮いてるメンバーがお互いに認め合うっていう鉄板エピソード。
グリーンが素直で気持ちのいい子だった。
(ボウケンジャーでレッド+ブラックで同じような関係だったけど失敗気味だったのは、レッドに余裕がありすぎたのとブラックがひねてたからか…)


Comments (0) Trackbacks (-)

falling down from your sky

雪です。雨で溶けちゃったけど。
先週「限界集落」を教えてくれたキ テ ィだけど、今朝は「三寒四温」だった。
毎週やってるのか。四字熟語シリーズなのか。気になる。

以下は00、一歩、他。
Comments (0) Trackbacks (-)

続夏目友人帳#8

#8「不死の想い」

人魚の話。
ていうとどうしても高橋留美子の人魚シリーズを思い出してダークな想像をしてしまう。

宿題合宿って何だ。
しかも高校生の身分で旅館合宿なんて贅沢だわー。

相変わらず夏目のやってることは危なっかしいんだが、作品自体は安心して見ていられますよ。
グーで殴ると強いのにね夏目。
Comments (0) Trackbacks (-)

鉄のラインバレル#21

久々に記事あげてみるです。

やっと来た!森次過去話。
しかしあのひとの復活に持っていかれ影が薄かったという回。
Comments (0) Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。