TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年10月
ARCHIVE ≫ 2012年10月
      

≪ 前月 |  2012年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

秋アニメ

■PSYCO-PASS /サイコパス

こういうの好き。背景画きれいだー。
あの部屋の模様替えはまだしも、服装とかアバターとかテクマクマヤコン的に変えられるのはどういう仕組みなんだろう。
サイコパスがクリアカラーでも犯罪係数が低いとは限らないのね。楽しく晴れやかな気持ちで犯罪を実行する人もいるわけだ…。

■Robotics; Notes /ロボティクス・ノーツ

初回の印象はロボ風味の青春物、主人公無気力ヒロインのテンション高すぎ微妙…
だったのが、2話を見たら印象変わるし展開も早く、俄然面白くなってきた。

■絶園のテンペスト

厨二…
でもそんなにウザくない。「人類は衰退しました」の主人公には耐えられなかったけどこっちは平気だ。
樽詰め魔法使いがワイルドで素敵。
妹殺したのが主人公じゃないかと心配でドキドキしてます。
関係ないが主人公を見ると、魔王ジュブナイルMIXの腹話術お兄ちゃんと弟を思い出す。

■マギ

原作始まった時から好きで、ちゃんと続くか心配したものでした。
アニメも普通に良い感じ。うちの小学生なんか楽しみにしてる。
しかし始まる前の週の、直前特集はつまらなかった…芸能人呼んで好きなキャラは○○ですとか何の意味が…。
いやキャラ人気が高いんだっけ。そうでした。
キャストを直前まで発表しないのも、声優さん好きには話題になったのかな。
私は特定のキャラじゃなくて、作者の世界観とか人生観とか善悪のバランスが好きです。
作者は違うけれど、鋼の錬金術師もそんな理由で好きだった。

■新世界より

原作は読んでない。
公式サイトの強烈さ(油絵風のちょっと宗教っぽい絵…)に引いたんですが、SFだしアニメの評判良さ気なので見てみたら雰囲気良かった。音楽も。黄昏時のもの寂しさ、うすら怖さがしんしんと…。
題字は「より」以外読めません…。

■神様はじめました

妖怪モノということでチェックしたけれど、少女漫画のようなのでカット。
恋愛対象がツンデレ二枚目とかって私には昔から無理だ…。
ノリが良くてこなれた感じのドタバタだなーと思ったら、スタッフにおじゃる丸の大地丙太郎さんの名前を発見。



しろくまカフェ、宇宙兄弟、ソードアート・オンラインは継続してみてます。
スポンサーサイト
Comments (1) Trackbacks (-)

ソードアート・オンライン #15 #16

#15帰還
#16妖精たちの国

妹とのぎこちない距離感とかいいですね。
キリト君、リアルでは借りてきた猫みたいだな、須郷の前とか。
ゲーム内では生き生きしてるが。

エギルの店って想像以上にバーでした。モデルがあるのかな。
ランチあっても残念ながら一人で入る勇気は無い。

容姿ランダムの割にキリトの顔あまり変わらないですね。
AOLはSAOより明るくて開放感ある。世界樹でっか!
空を飛ぶの楽しそうだなー。

1クール目は1話目は良かったんだけど、2話からはそこはそうじゃない感が多くて辛かった。
フェアリイ・ダンス編もこの編の雰囲気は好きなので、このまま行って欲しい。
でもSAOって(というかこの制作会社が?)脚本もコンテも演出も毎回バラバラなんですね…
Comments (0) Trackbacks (-)

夏のまとめて。

■もやしもんリターンズ

途中ろくに見ていなかったけれど(人間のキャラがちょっと掴みどころが無くて…)
終わりの方、本編でも菌が活躍してたので良かった。
エンディング(オリジナルじゃなくポケモンかぞえうたみたいな方)好きなんだけど、テレビバージョンしかないので残念。
あれピロリで終わるのは何か切ない。

■アクセルワールド

展開は知ってるんだけど、面白かった。
能美くんはすごかった。嫌らしさを突き抜けいっそ清々しい。
小説だと影が薄いタクム君が、良いいじられポジションに据えられていました。
ただ、最終回の姫と師匠が駆け寄るシーンが戦闘ダッシュ的でガクッときました。もちょっと可憐な少女らしくお願いしたかった…
最後にちらっと、ういういとリンちゃんいたね。


■貧乏神が!

あまり興味が出なかったので1話と3話だけみてカットしましたが、ノリが良くて楽しかった。


■輪廻のラグランジェ2

輪廻が何なのかウォクスが何なのかラン兄暴走の原因とか結局全然わからない。
いや、輪廻の向こうの不思議世界で願いが叶ってもろもろ解決!でもういいや…
せめて公式サイトにあるアステリアちゃんの回想小説(2万年前の暴走について)が映像になっていればよかったのにな。

ラン兄あんなんなっちゃって、ユリカノが面倒みるのかと思いきや。
え…?ユリカノの受け皿は三バカ(失礼)なの…?
てことはつまりラン兄とムギナミ兄は公式カプですか?いやあれだけ全世界巻き込んで痴話喧嘩やってんだからそうよね。
1期の感想でオールマイティな品揃えですねって書いたんだけど、ほんとに全方向だったのね。

まどか達を送り出すところとか、なんだかんだ言ってまどかの叔父さんが一番男前だった。
ウォクスは弁当落とすところがちょっとお茶目で良かった。以上。


■エウレカセブンAO

お、終わってないよね全然…?
と思ったら完結編を11月に放映ですかorz 懐かしいパターンだなおい…

前作に比べてずっと好きだ。ただナルの扱いが酷いのが気になる。
・エウレカのお腹の子ども(女の子)はどうしたのかな。
・スカブコーラルを無くしちゃったらコーラリアンもいなくなっちゃうんじゃ。
・オープニングは途中から♪あの日交わした約束は~と歌いそうになる。
・ハンの設定、役に立ってた。
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンライン #14

#14 世界の終焉

アインクラッド編のクライマックス!
のはずなんですが、何なの…この盛り下がりっぷりは…
セリフばかりつらつら並んでもな。盛り上げちゃいけない制約でもあるのだろうか。
見終わったらテンション低くなって、色彩鮮やかなフェアリィ・ダンス編の予告がなんとも虚ろに思えました…

でも今日次回の#15を見たら、ちゃんと普通に面白かったですよ!いや良かったー。
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンライン #13

#13 奈落の淵

釣り大会がえらく盛大でした。
良いアイテムが出るイベントなんか攻略組に蹂躙されまくって、なかなかそういうイベントは無いのかもな。
アスナファンの人達はあのあとガックリしたはずだが(結婚してるんすか…)そこはカットでしたね。
ニシダさんへアスナが語る下り、原作は気にならなかったけどアニメだと強烈にノロケ話だったよ…

で、75層ボスへの挑戦。
せっかくキリトとエギルの掛け合い漫才やったのに、周りで緊張している面々がちょっと和むシーンはどうして入らなかったんだろう…
それと、あとあとのために、団長がもうちょっと頼られてる感じがあってもいいんじゃない…?
団長の登場で盛り上がるとか。最強のこの人がいればきっと大丈夫!!的な。
ボスの骸骨百足、見た目すんごい怖いんですが、動きが早!あんなん避けられないだろー。
というかあまりにササササッと速いので、俯瞰シーンだとちょっとコミカルに見えた。
いやゴキとかね速いほうが怖いけどね。
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンライン #11 #12

#11 朝露の少女
#12 ユイの心

外伝のユイちゃんエピソード前後編。

キリトとアスナ新婚さんラブラブモード。恐る恐る見てたけど(苦手)、いつものあっさり演出のお陰で助かりました。
でもラノベアニメとしてはどうなの?(笑)

ユイが可愛かった…。
もっと小さい子を想像してたし、原作では「またこういう狙ったキャラ出して!」とか思ってたんだけど、アニメで見ると可愛い~。
シリカもそうだった。原作読んだ時の私の妄想力が足りんかったのか…

はじまりの街にいるとはいえ、「軍」にいるような一応戦ってる人間に、ソードスキルで攻撃されることの恐怖は威嚇として効くのかなあと思ったが、税金の徴収しかやってない下っ端なんだっけ。

はじまりの街の地下にダンジョン。
あれ、システムコンソールの守護としてモンスターを配置するって、よく考えると変…
プレイヤーに倒される可能性があるもんな。何か理由あったっけ。

あっさりユイの心をオブジェクト化とかって…お前何者…

キリトは理不尽さへの怒りによってクロックアップする体質なので、
そりゃ茅場晶彦の信奉者だったからプログラミング得意なのかも知れないけど、
やけにあっさりできちゃった印象でしたよ。
ポップアップウィンドウたくさん出るわけでもなし、もうちょっと必死な見せ場的な演出はないものかと。
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンライン #10

#10 紅の殺意

キリトと、世界最強ヒースクリフとのデュエル。
団長がインチキ技使ってキリトより速く動いたんだけど、何が起きたかの説明も、キリトが疑問に思う描写もなくて、ちょっとこけた。
まあ、ここは伏線なのであまり突っ込まない方がいいとはいえ、アニメの演出はほんとに肩透かしが多いわ。

アニメは、原作のセリフはほぼ忠実に使われているんだけど、キリトの一人称で書いてある地の文はほとんど生かされていないので、時々イライラします。キリトの心情もわかりにくいしなー。

うわ、キリト、血盟騎士団の制服ほんとに似合わない…。

で、元親衛隊クラディール@ダークサイドの罠に落ち命の危機。
そこへSAOで私が一番好きな

「間に合ったよ…神様…間に合った…」

このセリフ、何回読んでも胸がきゅーっとするのです年甲斐もなく。アニメでも悪くなくてホッとしました。
アスナは感情描写が丁寧に描かれているし、声優さんも上手だなーと思います。
ぶっちゃけキリトの描写がどんなに変でも、アスナがちゃんとしていれば構わないわ私は。

前言撤回、やっぱりキリトさんに全く感情移入できないとキビシイ。
…て、読み返してみるとなんという上からな感想。すみません。
Comments (0) Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。