TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

キミと話がしたいのだ。



キミと話がしたいのだ。キミと話がしたいのだ。
(2012/03/16)
オザキミカ

商品詳細を見る


これも旦那(猫好き)が買ってきたマンガ。
猫語のわかる主人公と、やけに人間臭い猫のクマのおはなし。

ほんわり、ほのぼの。主人公もクマも真面目な性格で可愛い。
ちょっと物足りない気もするし、でもこれくらいで良い気もする。


これ書こうとしたらタイトルが思い出せなくて、

【シャケの皮ください 猫】

でググったら無事見つかりました。
スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-)

蒼き鋼のアルペジオ

先日旦那が突然1巻~最新刊(6巻)まで買ってきて、これ面白いからと言うので読んでみたらハマりました。


蒼き鋼のアルペジオ 6 (ヤングキングコミックス)蒼き鋼のアルペジオ 6 (ヤングキングコミックス)
(2012/10/30)
Ark Performance

商品詳細を見る


ジャンルは海洋SFらしい。

近未来、人類は「霧の艦隊」という謎の勢力に完全敗北、海上封鎖され、資源に乏しい国は衰退の一途を辿っている。
姿は第二次世界大戦時の軍艦ながら、実態はオーバーテクノロジー満載の超兵器である霧に人類は手も足も出ない中、主人公は霧を離脱した一隻の潜水艦と共に立ち向かう。

霧の軍艦はそれぞれ自我を持っていて、人間の姿に化身します。
人間のアルゴリズムを習得して強くなるためですが、見た目かわいい女性で、しかし思考はバリバリの兵器なのでギャップに萌えます。
学習していく様子は女の子版タチコマ。こういうのに弱い。

タチコマと違って霧は圧倒的強者なのであんまり人間を理解されるとますます不利なんですが、人間の文化を、微妙に間違った関連付けで覚えたりしてすごく可愛いです。
(強くなりたい→私にも人間ユニットが乗っていれば→人間に操艦してほしい→この気持は恋?!的な)

続きが楽しみです。(タカオさん頑張って!)
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンライン#25

#25 世界の種子


最終回なので、総括感想。

RPG好きだった私にとって、ソードアートオンラインは「こんなゲーム世界あったらいいな」という所が大きな魅力です。
なので、システムの説明がたっぷりある原作に比べ、アニメは映像オンリーの上に情報量も少ないことが多くて、物足りませんでした。
(見せ方次第かとも思うんですが、例えば料理の時にウィンドウを大量に開いてパパパパッと処理するシーンは、映像だけで表現するぞって気合が伝わってきたんですけれど)

後半のフェアリィ・ダンス編は、街や魔法のビジュアルがすごく素敵で、飛行も見ていて楽しかった。
アインクラッド編に比べ、キャラに共感しやすいし…
でも全体的には、主人公に感情移入しにくかったです。何を考えているのか分からない。
ソードアートからシステム説明や主人公の弱気な心の声を取っちゃうと、残るのは無敵チート主人公のハーレムなのねorz

原作をなぞりすぎて、アニメとしての面白味には残念ながら欠ける印象でした。
第一話はほんとに良かったんだけどな。


以下ねたばれ(は無いかも知れないが一応)
Comments (0) Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。