TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
      

≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

アルドノア・ゼロ #7

#7「邂逅の二人 —The Boys of Earth—」

伊奈帆とスレインの共闘。なんだかんだで息が合ってる。
スレイン操縦うまー!

内容バレ感想

スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-)

WordGear夏休み企画

さっき久しぶりに川原礫さんのサイト見に行ったら、8/22から 『夏休み企画 泡影のバルカローレ』の連載が始まってました。
「ソードアート・オンライン プログレッシブ2」の続きのようです。
全然知らなかったので偶然見に行って良かった。
また毎日ちょっとずつ読めるのが、嬉し懐かし。
しかしお忙しいのに大丈夫か。
あと今までの傾向からいくと、どんどん長くなって休み中に終わらず、続きは文庫本で!ってなりそうな気も。
ともあれ特別企画は単行本収録が決まるとたぶん削除されちゃうので、チェックチェックですよ。

http://wordgear.x0.com/novel/

あと「絶対ナル孤独者」のWEB版まだ残ってておどろいた。
刊行が決まった時点で削除されてるものだと思ってました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

10/29追記です。
現在はすでに「泡影のバルカローレ」はサイトから削除されています。

18日頃でしたか、10/10発売の「アクセル・ワールド17-星の揺りかご-」の巻末に、「ソードアート・オンライン プログレッシブ3 泡影のバルカローレ12/10発売」って書いてあるのを旦那に見せられてのけぞりました。
ずいぶん長い夏休み企画だと思っていたら、そのまま刊行になだれ込みなんですね。
まさか今年のクリスマスに間に合わせるなんて…。
ていうかそのときまだweb連載中でした…書き溜めでないなら、すごいタイトスケジュール。

お話はもうちょっとで終わりそうだけど、そろそろ削除されちゃうのかなーと思っていたんですが、その後、10月24日か25日だったでしょうか、終わりまで掲載されていてちょっとびっくりでした。
ただ間もなく削除されてしまうとの注意書きはあり、その時点で終わりの数話を残してほとんど削除されていました。私もひとつふたつ読み損ねた気はします。
それにしてもすぐに刊行されるわけだし、続きは本で、でも構わないと思うのに、最後まで載せるなんて、律儀でいらっしゃいますね。
Comments (0) Trackbacks (-)

アルドノア・ゼロ #6

#6「記憶の島 —Steel Step Suite—」

強襲揚陸艦「わだつみ」は、火星皇帝の宣戦布告に乗組員それぞれ衝撃をうけつつ、鞠戸大尉の因縁の地、種子島へ。
スレインは、ザーツバルムの要請で彼を捕獲しようとするクルーテオの手を逃れ、アセイラム姫を探しに出奔する。

以下内容バレ感想
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンラインⅡ#6

#6「曠野の決闘」

SAO時代の犯罪組織である《笑う棺桶》討伐戦の回想。
《BoB》2回戦から、シノンとの予選決勝まで。

以下内容バレ感想

Comments (0) Trackbacks (-)

アルドノア・ゼロ #5

#5「謁見の先で —Phantom of The Emperor—」

スレイン、皇帝にアセイラムの生存を直訴すべく奔走。
前回の火星騎士、再襲撃。

以下内容ばれ
Comments (0) Trackbacks (-)

残響のテロル #6

#6「READY OR NOT

スピンクスの関知しない新たな爆破予告が流れる。
捜査本部は上からの圧力で動けない。
全11話の折り返し地点。


以下内容バレ感想
Comments (0) Trackbacks (-)

残響のテロル #5

#5「HIDE & SEEK

ここまで毎回1爆発ペースでした。
いよいよ強敵あらわる、です。

以下内容ばれ
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンラインⅡ#5

#5「銃と剣」

キリトとシノン、《BoB》にエントリー。
キリト、ぶっつけ本番で第一回戦。

以下ネタバレありです。
Comments (0) Trackbacks (-)

白銀の意思アルジェヴォルン #5

#5「奇襲」

あれ?不退の大門を塞いでも、王都に向かう敵軍のルートって他にいくつもあるのね…。
という訳で第八部隊、休む間もなく前線の応援へ。

出発前、全然その気のないジェイミーと、天然トキムネのラブコメもどきが可笑しかったです。

Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンラインⅡ#4

#4「GGO」

なんというか…キリトの人間性を疑う回(笑)
Comments (0) Trackbacks (-)

アルドノア・ゼロ #4

#4「追撃の騎士 —Point of No Return—」

やれやれと思ったら別の火星騎士の襲撃ですよ。
Comments (0) Trackbacks (-)

残響のテロル #4

#4「BREAK THROUGH

青森にスピンクスの痕跡を探す柴崎。
リサの彷徨。
第4の爆破予告。「見えない爆弾」

以下ネタバレ有り感想です。
Comments (0) Trackbacks (-)

つれづれ

連日の猛暑から一転、昨日は涼しくて快適だったなあ…。今日は暑くてジットリした風が吹いています。
それにしても西日本は大変ですね。気象が年々激しくなっているなぁ…。

「絶対ナル孤独者」(川原礫)を読み終えました。
その後、エボラのニュースに触発され、19年ぶりに「ホット・ゾーン」(リチャード・プレストン)を再読。
エボラウイルスの種類が増えた以外、状況が当時とほとんど変わっていないことに愕然。
でもようやくワクチンの話が聞こえてくるようになりましたね…

今日は子供達をポケモン映画に連れて行きました。
子供が小さいうちは、毎年旦那も付き添い、ゼクロムとレシラムの2本に分かれたときは旦那と私が別々に付き添いしてました。
もう親が付き添う年でもなくなって、今回は子供達だけスクリーンへ送り出し。有難いです。(映画が面白ければいいんだけどさーぶつぶつ…。)
ところが見た後、上の子が「今年は面白かった」なんて言うのでちょっと悔しい。

奴らが観ている間に旦那と本屋へ。
「マークスの山」(高村薫)の文庫と、「甘い罠」(高村薫「カワイイ、アナタ」収録)を買ってきました。えへへ。

あ、旦那がニコリのペンパ本「ナンバーリンク4」を見つけてくれたのでそれも買いました。ナンバーリンク大好きvv
Comments (0) Trackbacks (-)

白銀の意思アルジェヴォルン #4

#4「帰還」

無事、基地に帰ってきました。
空以外は、現代欧米をモデルにした普通の世界なのかな。
地方都市みたいだけど、市街地は現代の都会的な町並み。郊外は洋風の家が点在する田園風景。

気象兵器のこと知ってから見ると、空の色がところどころ紫になっているような。



ネタバレ感想。
Comments (0) Trackbacks (-)

つれづれ

うちは子供達が寝た後に、録画したものを旦那と観るんですけど、旦那は朝が早いので、30分番組1~2本が精々です。
しかも夕食の後に疲れて旦那か私のどっちか寝てしまうことが多いので、下手すると週に1~2本も見れずに、録画がどんどん溜まっていってしまいます。

今期のように週に4本もあると、ほんと頑張って観ないといけないんですが、今週は私が貧血で機能停止でした。
周回おくれどころか2週遅れのまま…

今日もご飯のあと力尽き、0時ごろ起き出しました。シャワー浴びて洗面所を出ようとしたところGと遭遇、勝利。よし。
書いてる間に髪も半乾きになったので、ドライヤーあてて寝ます。明日は5時起きだった。
Comments (0) Trackbacks (-)

残響のテロル #3

#3 「SERCH & DESTROY

柴崎、本部に引き上げられる。
3回目の爆破予告。

ここにも、片や出世、片や飛ばされた同期同士。いいですねー。



以下ネタバレあり感想です。
Comments (0) Trackbacks (-)

アルドノア・ゼロ #3

#3 戦場の少年たち —The Children’s Echelon—

作戦内容にも、姫様にも感服しましたよ。

以下ネタバレ
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンラインⅡ#3

#3「鮮血の記憶」

シノンの忌まわしい過去と、強さにこだわる理由。

以下感想ちょっと。
Comments (0) Trackbacks (-)

白銀の意思アルジェヴォルン #3

#3「ワンマン・アーミー」

昔使用された気象兵器の影響で、空の交通は不可な設定だそうです@公式サイト
斥候が大活躍な訳です。


以下ネタバレ感想
Comments (0) Trackbacks (-)

ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング /川原 礫

アリシゼーション、第一部完、です。

ゲームではない見知らぬ仮想世界に放り込まれたキリトが、現実世界への帰還をめざす過程で、かけがえのない友人と出会い、共に闘ってきた人界編。
長さは感じなかったけれど、9巻からはじまり6冊。じつは結構な冊数でした。
それまでと違って良かったのが、なんといっても、サブ主人公が男の子でしかも相棒ですからね。
(ハーレムには違いないとしてもw)


ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)
(2014/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る


覚え書きをさぼっていたら、次の15巻、もうあと1週間で発売じゃないですか;
Comments (0) Trackbacks (-)

宇宙軍士官学校 -前哨-5

前巻ラストから急展開。
予想よりも早く、粛清者の偵察機が太陽系近辺に現れ…


宇宙軍士官学校 -前哨-5 (ハヤカワ文庫JA)宇宙軍士官学校 -前哨-5 (ハヤカワ文庫JA)
(2014/06/20)
鷹見 一幸、銅大 他

商品詳細を見る



以下ネタバレ感想。
Comments (0) Trackbacks (-)

残響のテロル #2

#2「CALL & RESPONSE

爆破犯人の謎かけに翻弄される警察。
話しの先の予想が全然つかなくて面白いです。
番組最後の謎解きもやってみました。


以下ネタバレありかんそう
Comments (0) Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。