TOPスポンサー広告 ≫ ヴァルデマール年代記 刊行リストTOPマーセデス・ラッキー ≫ ヴァルデマール年代記 刊行リスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

ヴァルデマール年代記 刊行リスト

ヴァルデマール年代記(マーセデス・ラッキー)の、原書及び日本語版刊行リストです。

Mercedes Lackey - The Official Websiteと、東京創元社のWebミステリーズ!、それから日本語版各書籍、Amazon.comを参考にしました。





原書
刊行年
原題邦題日本
刊行年
レーベル
1987Arrows of the Queen【新訳】女王の矢〈ヴァルデマールの使者〉 2007C★NOVELSファンタジア
1987Arrow's Flight宿縁の矢〈ヴァルデマールの使者2〉 2008C★NOVELSファンタジア
1988Arrow's Fall天翔の矢〈ヴァルデマールの使者3〉 2009C★NOVELSファンタジア
1988The Oathbound女神の誓い 1995創元推理文庫
1989Oathbreakers裁きの門 1996創元推理文庫
1989Magic's Pawn魔法の使徒〈最後の魔法使者〉第1部上下巻2009創元推理文庫
1990Magic's Promise魔法の誓約〈最後の魔法使者〉第2部上下巻2010創元推理文庫
1990Magic's Price魔法の代償〈最後の魔法使者〉第3部上下巻2012創元推理文庫
1990Valdemar Companionエッセイ、インタビューなど
1991By the Sword運命の剣上下巻1999創元推理文庫
1991Winds of Fate宿命の囁き〈ヴァルデマールの風〉第1部上下巻2003創元推理文庫
1992Winds of Change失われし一族〈ヴァルデマールの風〉第2部上下巻2006創元推理文庫
1993Winds of Fury伝説の森〈ヴァルデマールの風〉第3部上下巻2007創元推理文庫
1994The Black Gryphon黒き鷲獅子(グリフォン)〈魔法戦争〉第1部
ディクスン共著
上下巻2013創元推理文庫
1994Storm Warning太陽神の司祭〈ヴァルデマールの嵐〉第1部上下巻2010創元推理文庫
1995Storm Rising帝国の叛逆者〈ヴァルデマールの嵐〉第2部上下巻2012創元推理文庫
1995The White Gryphon白き鷲獅子(グリフォン)〈魔法戦争〉第2部
ディクスン共著
上下巻2015創元推理文庫
1996The Silver Gryphon〈魔法戦争〉第3部
1996Storm Breaking魔法使いの塔〈ヴァルデマールの嵐〉第3部上下巻2016創元推理文庫
1997OwlflightOwl Mage三部作
1997Sword of Iceアンソロジー
1998Oathblood誓いのときタルマ&ケスリー短編集1999創元推理文庫
1998OwlsightOwl Mage三部作
1999OwlknightOwl Mage三部作
2000Brightly Burning使者学院とタルマ&ケスリーの間
2001Take a Thief盗人の報復〈ヴァルデマールの絆〉2010C★NOVELSファンタジア
2002Exile's Honor追放者の矜持〈ヴァルデマールの絆〉上下巻2012C★NOVELSファンタジア
2003Exile's Valor追放者の機略〈ヴァルデマールの絆〉上下巻2014C★NOVELSファンタジア
2003Sun in Gloryアンソロジー
2005Crossroadsアンソロジー
2008FoundationThe Collegium Chronicles使者学院
2008Moving Targetsアンソロジー
2009Changing the Worldアンソロジー
2010Finding the Wayアンソロジー
2010IntriguesThe Collegium Chronicles使者学院
2011ChangesThe Collegium Chronicles使者学院
2011Under the Valeアンソロジー
2012RedoutThe Collegium Chronicles使者学院
2013BastionThe Collegium Chronicles使者学院
2014Closer To HomeThe Herald Spy #1
2015Closer To The HeartThe Herald Spy #2
2016Closer to the ChestThe Herald Spy #3


注-------------------
■背景色が着いているのは、日本語未訳の本です(2016年12月現在)。
■最初の日本語訳「女王の矢(上下巻)」(1990、社会思想社、絶版)は割愛しました。
■「アンソロジー」は、ヴァルデマールシリーズの世界を舞台に別の作家が創作した短編を集めたもの(ラッキー自身の作品も1編含む)です。
---------------------

「追放者の機略」が出たことで、セレネイ女王の治世は時系列で読めるようになりましたが、ふと、ヴァルデマールシリーズはどこから読んだら分かりやすいのかと考えたら、やはり原書の刊行順ではなかろうかと思って調べてみました。

あと、原書でも発表順と刊行順はまた違っていて、1986年に「剣の誓い」(「女神の誓い」に収録の短編)がSword and Sorceressアンソロジーで発表されたのが、ヴァルデマールシリーズでは最初のようです。(「女神の誓い」あとがきより)

(2014.6.18追記)邦題に出版社による紹介ページへのリンクを貼りました。
(2015.8.9追記)白き鷲獅子を追加
(2016.12.5追記)魔法使いの塔を追加
(2016.12.15追記)The Herald Spy三部作を追加



私自身は、「女神の誓い」から日本語版の刊行順に(「女神」-「裁き」-「誓い」-「運命」-「〈風〉」-「〈使者〉」-「〈最後の〉」と)読んでいったんですが、表を見ての通り原書の刊行順とはずいぶん違うんですね。

それぞれのエピソードは独立しているので問題は無いですが、たま~に少し違和感があって、今思えば、ああ、初出じゃない設定だったんだなあとわかりました。
(覚えているところでは、ケロウィンがタリアと初めて会った時の印象とか。)

うちは社会思想社の「女王の矢」だけ持ってません。というか社会思想社から出ているのすら知らなかったので、中公で出たときに「新訳ってなんじゃ」と。
ところで今回奥付を確認したら、全部初版だったのにちょっと驚き、感慨深かったです。もう20年近いんですね、このシリーズとのお付き合い。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。