TOPスポンサー広告 ≫ 太陽を曵く馬/髙村薫TOP高村薫 ≫ 太陽を曵く馬/髙村薫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-)

太陽を曵く馬/髙村薫

合田雄一郎シリーズ、順番ではレディ・ジョーカーだったんですが図書館で借りられなかったので、先にこちらを。
題材が抽象画と宗教という難易度の高さ…。犯行時の心理を抽象画から読み解くのはわかりにくいなりに面白かったが、宗教議論のところは読み飛ばしてしまった。警察の大掛かりな捜査模様も無いしなぁ。
上巻を読んだあとに下巻の帯を見たら福澤一族の終焉云々。福澤一族って何のこと?と思ったら、この本はどうも別シリーズの完結編(後日談?)でもあるらしい。でもそちらの話にも、合田さんの追ってるそちらの人物にも興味が湧かず、全体的にピンとこなかった。
時代は9.11の頃。空気感が分かるくらいに近くなった。合田さんの口から黄色い電気ネズミなんて言葉がでるとはねぇ。
Comments (0) Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。